ちょっと、教養

Posted on 07/06/2004

小出龍太郎/春風社/2004年 バッハ、ピアフ、ハリウッド映画からゴッホまで。小出楢重のお孫さんである龍太郎先生が、音楽・映画・絵画・文学の傑作を広くやさしく紹介。装画は牛尾篤さんの銅版画。四六判並製。

春風社のウェブサイトで連載されていた「胸キュン・ダイアリー」を書籍化。牛尾さんの銅版が効いている。絵の中の女の子がもっている緑色のノートをイメージして装丁。布地のエンボス紙にインクがいい具合に滲んで、いい質感。中身のレイアウトは、いま見るとそうとう変。

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です