ウォーキング

ヘンリー・D・ソロー(大西直樹訳)/春風社/2005年 十九世紀中葉の作家ソロー。『ウォールデン 森の生活』で知られる彼の精髄をコンパクトに伝える傑作エッセイ。ソロー入門としても格好の一冊。四六判変型。


シンプルだけど、しっかりしたあがりになった。牛尾さんの装画部分には空押しがされている。一見目立たないがぐっと銅版画らしい雰囲気になった。本文組も読みやすく、上品にまとまった。背も洋書っぽくてカッコイイ。お気に入りの一冊。

Share your thoughts