ウォーキング

ヘンリー・D. ソロー(大西直樹訳)/春風社/2005年 詩人のソローは、歩きながら世界とアメリカの動向、野生と文化との関係、人間と自然とのやりとりなどについて瞑想を深めていた。ソロー文学への最良の手引き。変形判上製。

◎牛尾さんの装画部分には空押し。一見目立たないが銅版画らしい雰囲気になった。本文の組もすっきり上品にまとまった。背も洋書っぽくてカッコイイ。丁寧さがじんわり伝わってくる。

Share your thoughts