パリの小鳥売り

ロベール・ブラジヤック(高井道夫訳)/春風社/2010年 舞台は1930年代のパリ、小鳥売りの老人を交点に、人々は出会い、そして別れる。はかなく切ない余韻を残す幻の傑作。四六判仏装。

◎コメント

Share your thoughts