ルーン文字の探究

Posted on 02/11/2011

ラルフ W. V. エリオット(吉見昭德訳)/春風社/2009年 スカンジナビアを経由し、装飾性・呪術性を帯びながら魅力を放ちつづけるルーン文字の華麗な世界をたどる。A5変型判上製。


◎コメント

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です