世界の果てでダンス

アーシュラ・K・ル=グウィン(篠目清美訳)/白水社/2006年 『ゲド戦記』の巨匠ル=グウィンによる、辛口でユーモアあふれる評論・エッセイ集。「戦う怒れるおばさん」として社会を斬る!四六判上製。


◎ル=グウィン著の再刊単行本。三輪和美さんの写真をつかった。この蔦の絡まる写真、まるでヨーロッパのようだが、実際は西東京の某地にある廃屋だとか。写真のおかけで、ふしぎな雰囲気になった。

Share your thoughts