二人称の死

Posted on 15/10/2011

浅見洋/春風社/2003年 石川県が生んだ世界的思想家・哲学者を取り上げる。彼らはいかに独自の思想を形成していったのか。その根底に肉親の死という深い悲しみがあった。

この二つの手はどちらともぼくの手。デジカメで撮ったものを加工し、エッチングのような細い線でガリガリ描きこんだ。表紙は真っ黒でマットな紙に、銀色の特色インクをのせた。

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です