形相と空

Posted on 15/10/2011

河波昌/春風社/2003年 インド仏教と西洋近世哲学の両域を研究してきた著者が、東西における万有在神論について、形相主義と空の成立など、「形相と空」をテーマに、多種多様な内容を論じる。

眼力カメラマン橋本さんの写真を使い、表層と深層、具象と抽象を行き来するような装丁に仕上がった。霜の写真なんだけど、色んな風に見えて面白い。橋本さんの写真は、具象でありながら、抽象の世界まで届く力強さがある。

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です