父さんの銃

ヒネル・サレーム(田久保麻理訳)/白水社/2007年 フセイン政権下の苛酷な状況で、次第にクルド人としての誇りと芸術に目覚めていく少年と、家族の絆、郷土への想いを描いた自伝的物語。四六判上製。

◎コメント

Share your thoughts