生命の経済学

富森虔児/春風社/2008年 経済とは人間の「いのちの営み」である。生命論的自己組織化、創発、進化…。生物学にインパクトを受けた概念を駆使し、既存経済学を見直す。四六判上製。

◎コメント

Share your thoughts