聖霊の神学

Posted on 15/10/2011

小野寺功/春風社/2003年 西田幾多郎、鈴木大拙らの日本哲学を媒介にして、キリスト教・三位一体論を聖霊の神学ととらえなおし、現代に復興する大著。A5判上製美麗函装。

「コスト度外視!」ということで、角背上製本に籐を編んだような特殊紙、その上に別紙を張った。美麗箱には空押し入りの黒い巻紙。 本扉も空押しされ、えらい豪華本に仕上がった。「モノ」として手元に置いておきたくなる本をようやく作ることが できた。

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です