茶の本

Posted on 02/11/2011

岡倉天心(ソーントン不破直子訳)/春風社/2009年 明治の美のプロデューサー岡倉天心が欧米に向けて説いた茶の湯論は、まさに日本文化の粋だった。歴史的名著が親しみやすい訳でよみがえる。四六判並製。


◎コメント

Be the first to leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です