蔦と太陽とカレーリーフ

Posted on 01/08/2010

南と西側にどどーんと縁側のある我が家。
日当たり良好。夏場の気温はなかなかのもの。
去年は縁側に葦簀を立てて日を防ぎ、
冷房もそんなにいらなかったけれど、さすがに今年は暑い。
日差しがギラギラなので、葦簀を二重にして、なんとかしのごうかと思っている。

百日紅
さるすべり、ってこういう風に書くんだ。「猿滑」だと思っていた。
この家を最初に見に来たときも夏だった。
庭はジャングルのように荒れ放題だったが、
門に立派な百日紅が咲き誇っていた。
それをみて、いっぺんにここが気に入ってしまった。
引っ越してきて2回目の夏。今年もちゃんと咲いてくれた。

くず
夏場になると容赦なく伸びてはびこる葛やヤブガラシなど蔦の奴ら。
切っても切ってもトカゲのしっぽのように生えてくる。
植木の合間からヤブガラシもにょきにょき。今年は蔓や蔦の成長がめざましい。
目線を下げれば、実写版アリエッティがすぐ作れそう。
写真は裏山から迫りくる葛の葉の海。

石畳
門から玄関までの石畳は、インドの寺院の石床のごとく、そうとう熱がこもっている。
日に何回か打ち水するも、すぐ蒸発してしまう。
アッパラム(米のあげせんべい)の乾燥ができるかも…。


庭の一番奥を開墾して畑にした。
モロヘイヤ、ズッキーニ、ビートルート、かぼちゃなどが植わっている。
木立の下にはみょうが。お勝手口の近くには、あしたば、しそ。
あじさいの近くに、植えてもないのにユリらしき花が咲いている。

カレーリーフ
南インド料理にはかかせないハーブ。
インドから持ってきた種、友だちからもらった種、通販で買った苗……
いろいろあって、現在9株がすくすく成長中。
もはや食べきれないので、もう少し株が大きくなったら、
友だちのところに里子に出そうと思っている。


What Others Are Saying

  1. xijie 02/08/2010 at 8:36 PM

    こんばんは。
    先日はインドさんさん録、楽しませていただきました。
    ありがとうございます。

    多聞くんの庭は、草花・樹木でとてもにぎやかそうですね。
    ちょっと気になったのが、写真に写っている乗り物は、
    トゥクトゥクですか?
    私がスリランカに行ったときはそう呼ばれていましたし、
    タイ、ベトナムにもよくある乗り物ですよね?
    代々木公園で毎年行われてるタイフェスティバルでは、
    販売までされていました。
    もしかして?ナンバーも取得して公道を走る事が出来るのですか?

    それと、個展開催楽しみにしています。
    暑い毎日ですので、お体にお気をつけてお過ごしください。

    • tamon 05/08/2010 at 9:59 PM

      >xijieさん
      さんさん録、きてくださって、ありがとうございました。

      うちの庭はこのところ掃除の手がまわらなくって、
      草木よりも雑草がにぎやかな庭になりつつあり…。お恥ずかしいかぎり。

      ちなみに写真にうつっているのは、タイとかのトゥクトゥクではなく、
      インドのオートリクシャーです。
      輸入して、日本の道路交通法にあわせて改造して販売している人がいるのです。
      ナンバー取得してあって、公道も一応走れます!

  2. まの字 05/08/2010 at 2:07 PM

    おー、百日紅の向こうにオートが!!

    広い庭、いいですねぇ。
    僕も来年はカレーリーフ植えてみよ。

    • tamon 05/08/2010 at 10:03 PM

      >まの字さん
      ふふ。オートです。
      百日紅とオートは南国的でとても絵になります。
      松とオートという組み合わせもなかなか渋いのです。
      カレーリーフ、急成長してかなりでかくなってきたので
      今日は大きい鉢に植え替えてみました。
      うちの子をひとつ、まっはさんのところに里子にだそうかな。
      もらってくれますか?

  3. まの字 06/08/2010 at 3:55 PM

    松とオート、いいなぁ(笑)
    黒い紋付着た侍が乗って、海岸を走ってそう。

    うちの子にしてもらえるのなら、責任持って親になります。

    今度遊びにいくときは、料理を習いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です