About Us

わたしたちのこと

精神とは、「わたし」や「わたしのなか」という
閉ざされたところにひそんでいるものではない
あなたとわたしの間で、ふいにはじける火花
それが精神であり、いのちそのもの

デザインもまた、「わたし」のなかにあるものではない
これが「わたしのデザイン」というものも存在しない
あなたとわたしの間に、開かれる本があり
そこに体温があり、いのちが隠されている

矢萩多聞
Tamon Yahagi

画家・装丁家。Ambooks代表。

1980年横浜生まれ。
9歳のとき、はじめてネパールを訪れてから、毎年インド・ネパールを旅する。中学1年生で学校を辞め、ペンによる細密画を描きはじめる。
1995年から、南インドと日本を半年ごとに往復し暮らし、銀座、横浜などで個展を開催する。
2002年、対談本『インド・まるごと多聞典』(春風社)を刊行。この頃から本をデザインする仕事をはじめ、これまでに400冊を超える本をてがける。
2012年、事務所兼自宅を京都に移転。2016年、デザイン事務所の屋号をAm CreationからAmbooksに変更。現在、インド、横浜、京都を行き来し、本とその周辺を愉快にするために日々手を動かしている。

著書に『インド・まるごと多聞典』(春風社/絶版)、『偶然の装丁家』(晶文社)、『たもんのインドだもん』(ミシマ社)、『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)がある。

Indo.to」ウェブマスター。A.R.ラフマーン・ファンクラブ日本代表。呼吸の家共同代表。子どもと絵を描く集い「ちとらや」主宰。

Tamon Yahagi, a painter/book designer, was born in 1980 in Yokohama, Japan. After first visit to Nepal in 1990, started to travel in India and Nepal many times .
Left school at first grade of junior high school and started to draw miniature paintings with pen. While teenage lived in both South India and Japan, and held exhibitions at Ginza and Yokohama every year.
After 2002 started to work as a book designer and designed more than 450 titles till now.
Since 2012 settling down in Kyoto and try to fascinate people with books by taking workshops, producing book, and writing.
In 2014,  published a book “Guuzen no Souteika” (A Fluke Book Designer, how to survive without employeed), Shobunsha publishing, Tokyo.
In 2017,  published a book “Tarabooks” (About “Tarabooks” Indian Publishing company) Genkosha. 2017. Tokyo.

Art Exhibition

2010年10月 矢萩多聞展2010「Mangala」@千駄木・谷根千記憶の蔵
2008年10月 矢萩多聞展2008「PARWAGILLA」@札幌・琴似
2006年5月 矢萩多聞展2006「ごちそうのありか」@京都・法然院
2004年7月 矢萩多聞展2004@横浜・大倉山記念館ギャラリー
2003年5月 矢萩多聞展2003@銀座・兜屋画廊
2002年10月 SPICE up with TAMON@表参道・スパイラル
2002年6月 矢萩多聞展2002@銀座・兜屋画廊
2001年7月 矢萩多聞展2001@銀座・兜屋画廊
2000年6月 矢萩多聞展2000@銀座・すどう美術館
1999年6月 矢萩多聞展1999@銀座・空想ガレリア
1998年9月 多聞展 Puupu -はな-@横浜・STスポット
1996年11月 多聞展 アロハロハラ・アロハラ@横浜・STスポット
1995年5月 多聞展 Prema Shanthi Ananda@横浜・STスポット
1995年2月 「猫展(グループ展)」に数点出品。
@横浜・ギャラリーパリス/横浜・彩美ギャラリー/八王子・猫町ギャラリー

Exhibition 2010, Sendagi, Tokyo / 2008. Sapporo. Hokkaido / 2006. Honen-in. Kyoto. / 2004. Okuraya Kinen Gallery. Yokohama. / 2003. Kabutoya Gallery. Ginza. / 2002. Spiral. Aoyama. / 2001. Kabutoya Gallery. Ginza. / 2000. Sudou Museum. Ginza. / 1999. Kuso galleria. Ginza. / 1998-96-95. ST Spot. Yokohama. / 1995.Gallery Paris, Saibi Gallery,Nekomachi Gallery, Yokohama.

logo-AM-BOOKS_S

Ambooks(アムブックス)は、装丁家・矢萩多聞のデザイン事務所です。
「本と人をつなげる場所」をつくるべく、本にまつわるイベントの企画・運営、リトルプレスの制作・販売、インドの出版社タラブックスの本の輸入販売などを行っております。

Works

  • これまでの主な仕事
    装丁、エディトリアル・デザイン、名刺、フライヤー、ポスター、看板、メニュー、ロゴデザイン、パンフレット、カタログ、各種広報物、イベント企画など。
  • これまでの主な取引先
    春風社、白水社、講談社、新潮社、朝日新聞出版、毎日新聞社、北海道新聞社、NHK出版社、音楽之友社、早川書房、ポプラ社、駿河台出版社、集英社、小学館、風媒社、昭和堂、亜紀書房、河出書房新社、平凡社、晶文社、筑摩書房、ミシマ社、玄光社、三輪舎など。

Book Design

代表的な装丁作品は、『中村屋 のボース』『パール判事』(中島岳志)、『乱読すれど 乱心せず』(安原顕)、たのしいジャズ入門』(寺島靖国)、『聖霊の神学』(小野寺功)、『わたしといたずらキルディーン』(マリー女王)、『ちいさな哲学』(長谷川弘)、『「青鞜」の冒険』(森まゆみ)、『新訳ベルクソン全集』(竹内信夫訳)、『秋葉原事件』(中島岳志)、『ことばのポトラック』(大竹昭子編)、『みらいのゆくすえ』(しりあがり寿)、『飲み食い世界一の大阪』(江弘毅)、『評伝 ナンシー関』(横田増生)、『現代の超克』(若松英輔・中島岳志)、晶文社『就職しないで生きるには21シリーズ』、「みんなのミシマガジン」「ちゃぶ台」「森田真生0号」(いずれもミシマ社)、『暗い時代の人々』(森まゆみ)、『おいしくたべる』(朝日新聞出版)など、2017年までに450冊をこえる本の装丁をてがける。

Contact Us

Ambookと矢萩多聞への連絡・依頼・取材など、まず以下のコンタクトフォームからお問い合わせください。追ってこちらから返信いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文