たのしいジャズ入門

寺島靖国/春風社/2005年 定番ピアノ・トリオから最新ラテン・ジャズ、マニアも唸る知られざる絶品まで、あなたのハートにするりとしみこむ名曲名盤。もうジャズは怖くない!四六判並製。

Continue Reading →

ただしいジャズ入門

中条省平/春風社/2005年 膨大なディスクを聴きあさることで見えてくる、ジャズ100年の歴史。永遠の名盤から埋もれた佳作珍品まで200枚以上紹介!これ一冊であなたも正しいジャズ・ファン。四六判並製。

Continue Reading →

日系アメリカ人強制収容とジャーナリズム

水野剛也/春風社/2005年 アメリカ史上最大の「失政」とされる事件、しかし当時のマスコミは充分に真実を伝え切れていなかった―史料の綿密な検討から明るみに出される、権力と報道との関係。A5判変形。

Continue Reading →

ナショナリズムと宗教

中島岳志/春風社/2005年 ナショナリストとは誰か? インド国内メディアでさえ取材の難しい過激な宗教ナショナリズム運動の内部深く入り、その活動を明らかにする。四六判上製。

Continue Reading →

中村屋のボース

中島岳志/白水社/2005年 R.B.ボース。1915年、日本に亡命したインド独立の闘士。新宿・中村屋にその身を隠し、インドの独立を画策した。インドと日本の狭間で引き裂かれた、懊悩の生涯。四六判上製。

Continue Reading →

100%オージーライフ

豊永典子/春風社/2005年 オーストラリアの生活はどこか変!? 女の子があぐら!? お弁当は皮を剥かないニンジン丸ごと!? 嘘のようなホントの話に42人のオージーがコメント。日・豪どっちが非常識?A5判並製。

Continue Reading →

ママには内緒だよ

トム・ハート(石川康弘訳)/春風社/2005年 それは11歳の朝に始まった…狡猾な父、快楽に溺れる娘、二人の関係を知りながら見て見ぬふりをする母。限りなくリアルな近親相姦の物語。四六判上製。

Continue Reading →

精霊の子供

花渕馨也/春風社/2005年 「私は私でない」 インド洋西端に浮かぶコモロ諸島。そこで繰り広げられる憑依儀礼は自他の区別を融解し、もう一つの「現実」を作り上げる。精緻な民族誌が明かす精霊世界。A5判上製。

Continue Reading →

カレワラ物語

キルスティ・マキネン(荒牧和子訳)/春風社/2005年 氷の国フィンランドの国生み神話『カレワラ』をやさしい物語にしたベストセラー、本邦初訳。魔法と冒険、滑稽とファンタジーたっぷりの愉しい世界。四六判上製。

Continue Reading →

ヨコハマヨコスカ幕末パリ

飯島耕一/春風社/2005年 「おれだっていやだが、どうすればいいんだ」生と死、日常と狂気、時空の淵を彷徨う男がいる。「パリ愛惜」ほか1篇を含む8作品。読売文学賞受賞の詩人による短篇小説集。四六判上製。

Continue Reading →

ウォーキング

ヘンリー・D・ソロー(大西直樹訳)/春風社/2005年 十九世紀中葉の作家ソロー。『ウォールデン 森の生活』で知られる彼の精髄をコンパクトに伝える傑作エッセイ。ソロー入門としても格好の一冊。四六判変型。

Continue Reading →

信仰の美学 

阿部仲麻呂/春風社/2005年 「美」を手がかりにした新しい福音理解。カトリック信仰と西田哲学を軸に古今東西の思想を読み解き、西欧的理性主義を超えた「日本的霊性の神学」構築を試みる。A5判上製。

Continue Reading →

羊と隕石

上田丘/春風社/2005年 解剖台の上で、胸のきれいな藍色のスーツの女と中也が恋に落ちる。象徴とビートにみちた、ポップでシュールな詩集。ジャケット写真は三輪和美。四六判並製。

Continue Reading →

ウォーキング

ヘンリー・D. ソロー(大西直樹訳)/春風社/2005年 詩人のソローは、歩きながら世界とアメリカの動向、野生と文化との関係、人間と自然とのやりとりなどについて瞑想を深めていた。ソロー文学への最良の手引き。変形判上製。

Continue Reading →