喪男の哲学史

本田透/講談社/2006年 プラトンの理想郷はアキバ!? デカルトは「人形萌え」、萌え逃げの達人ゲーテ、喪男の精神に分け入ったフロイト。偉大な思想家はみんな喪男だった。A5判並製。

Continue Reading →

世界の果てでダンス

アーシュラ・K・ル=グウィン(篠目清美訳)/白水社/2006年 『ゲド戦記』の巨匠ル=グウィンによる、辛口でユーモアあふれる評論・エッセイ集。「戦う怒れるおばさん」として社会を斬る!四六判上製。

Continue Reading →

ピアノとともに

ヴェルダー・ギーゼキング(杉浦博訳)/白水社/2006年 伝説の名演奏家による自伝、第一部「わたしはこうしてピアニストになった」。「ペダルについて」ほか10のレッスン。四六判上製。

Continue Reading →

白い黒人

ネラ・ラーセン(植野達郎訳)/春風社/2006年 肌の白い二人の黒人女性。ひとりは白人として、ひとりは黒人として暮らす。黒人女性文学の古典「パッシング」の初訳!四六判上製。

Continue Reading →

From the country of Kimonos 

Yuko Koyano/春風社/2006年 日本国憲法に女性の権利を記したB.S.ゴードン、日本軍の捕虜となったH.コレインとの交流。「世界」の眼でみた日本文化と戦争。A5判上製。洋書。

Continue Reading →

「日本叩き」を封殺せよ

原田武夫 /講談社/2006年 日本にこんな豪腕官僚がいた!ロイター通信社に機密費を渡し、外国メディアを思うがままに操縦する。稀代の英語使いにして情報・宣伝の達人。外交の裏面に生きた男の秘史。四六判。

Continue Reading →

保育実践力を高める

腰山豊/春風社/2006年 幼児指導にあたってきた経験を活かし、保育者養成授業の革新に取り組んだ実践記録。効果的な保育実習の実例多数。学生の資質能力に対応した授業展開上のさまざまな工夫を公開。A5判上製。

Continue Reading →

伊藤昌哉 政論

小枝義人/春風社/2006年 池田、大平の二首相に仕え、のちマスコミで活躍した稀代の政治評論家・伊藤昌哉。彼が遺した幻の政局分析を、詳細な解説を付し全文翻刻。現在の政治風景を予見する、驚くべき洞察!四六判上製。

Continue Reading →

リリパット・プロジェクト 

真純潤/春風社/2006年 養護教諭・大成郁子は子供の身長低下に気づいた…。戦後をひきずる政治家と老経済学者が仕掛けた恐るべき陰謀とは。幾多の挫折と悲しみが交錯する、奇想の近未来犯罪小説!四六判上製。

Continue Reading →

竹内レッスン

竹内敏晴/春風社/2006年 あなたの息づかいはゆったりしていますか?「からだ」がまるごといきいきすることを目指すワークショップ「竹内レッスン」。大阪・吃音者グループとのセッション、それをめぐる思考。四六判上製。

Continue Reading →

小出楢重と谷崎潤一郎

小出龍太郎・明里千章・荒川朋子/春風社/2006年 画家・小出楢重と作家・谷崎潤一郎のコラボレーションによって生まれた名篇『蓼喰ふ虫』。ここには小出家にまつわる数々の謎が隠されていた…。四六判上製。

Continue Reading →

インド・ラバーリー社会の染織と儀礼

上羽陽子/昭和堂/2006年 牧畜を生業とするラバーリーの「道具を使用しない」織技術とは。これまで明らかにされなかった男性たちが行う織技術にまで言及し、生活儀礼から、染織集団と染織の関係を明らかにする。

Continue Reading →

インドの時代

中島岳志/新潮社/2006年 消費文化、健康ブーム、癒しを求める都市生活者、そして、ヒンドゥー・ナショナリズム。現地をフィールドとする研究者が、格差と分断の現代史をふり返り、知られざる国家の現状に迫ってゆく。

Continue Reading →

学び住むものとしての人間

吉村文男/春風社/2006年 あてどなくさ迷い、虚無を浮遊する現代人。危機にある日常の営みを哲学的に考察する。東西思想を駆使し、人間中心主義の陥穽に挑む。四六判上製。

Continue Reading →

魔術師のたいこ

レーナ・ラウラヤイネン(荒牧和子訳)/春風社/2006年 魔術師ツォラオアイビは人間の世界を去る前に沢山の物語をこめた、太鼓を残していってくれました…。フィンランド民話を題材にしたファンタジー。四六判上製。

Continue Reading →