ジャングルの子

ザビーネ・キューグラー(松永美穂・河野桃子訳)/早川書房/2006年 熱帯雨林の奥深く。太陽が輝き、生命にあふれる「失われた谷」。1978年に発見された伝説の部族「ファユ族」と、小さな白人の少女の物語。

Continue Reading →

同一性の形而上学

村上隆夫/春風社/2006年 統一的で自明的な像が崩壊した現代世界に、イメージの無数の断片をつなぐ「モンタージュ」が立ち現れる。西欧近代における同一性概念の解体と再構築を語る思考の試み。A5判上製。

Continue Reading →

南海物語

ジャック・ロンドン(深沢広助訳)/春風社/2006年 「私たちはハリケーンの猛襲の中で出会い、鮫の猛攻の中で別れた」南の海を舞台にくり広げられる冒険と残酷の物語。知られざる傑作!四六判上製。

Continue Reading →

帝国医療と人類学

奥野克巳/春風社/2006年 帝国主義時代以降、世界中に広まった近代医療の自明性を問う。既存研究を整理し、植民地での複雑な交渉過程を検討、フィールドワークによる知見をも加え、病気や医療をめぐる人類学を再構築する。四六判上製。

Continue Reading →

エコ・リュックサック

フリードリヒ シュミット=ブレーク(佐々木建・花房恵子訳)/省エネルギーセンター/2006年 持続可能な経済を実現する新たな指標「エコリュックサック」を使った事例多数。資源生産性を学ぶ格好の入門書。

Continue Reading →

海中快晴

大門直樹/春風社/2006年 広大な海の中、鮮やかな色模様の生きものたちが織りなすドラマ。西伊豆や南西諸島などで12年間かけて撮影した約1万点のなかから選び出した写真を収録。A5判ヨコ。

Continue Reading →

運命論者ジャックとその主人

ドニディドロ(王寺賢太・田口卓臣訳)/白水社/2006年 破天荒なストーリー展開・脱線につぐ脱線、クンデラやブレッソンを魅了した18世紀の小説が新訳でよみがえる! 酷薄な世界認識を笑いをもって描ききる。四六判上製。

Continue Reading →

経済をデザインする

島岡光一/春風社/2006年 人間関係力、童戯、地産地消、アマルティア・セン…。現代の希薄な人間関係に警鐘を鳴らす著者が、南インドで体験したコミュニティの問題解決力に経済=人間力の原点を見る。四六判並製。

Continue Reading →

山桜花

廣利千惠子/春風社/2006年 再びの会いは叶わず病窓に広ごる畝傍の山桜花 重度心身障害児の養護教育に携わってきた著者が、病に侵されながら、教育への情熱と生命への畏敬を詠いつづけた遺作歌集。四六判並製。

Continue Reading →