ミルワード氏の英文学散歩

ピーター・ミルワード(橋本修一訳)/春風社/2008年 シェイクスピアからアディソン、ギッシングまで、英文学の達人ミルワード先生が厳選した45作品を解説。英文学のユニークなアンソロジー!四六判並製。

Continue Reading →

家族愛 東條英機とその妻の手紙

東條 由布子/春日出版/2008年 軍人ではなく、父として夫としての東條英機の素顔。若かりし英機、かつ子が二人で綴った育児日記の全文を初公開。忘れられた家族のきずながここにある。

Continue Reading →

お年寄りと話そう

日野純子/春風社/2008年 「説明が伝わらない」「話は長くてイライラする」など、困ったことはありませんか。お年寄りの話の聞き方・話し方のコツを伝授。イラストはたけなみゆうこさん。四六判並製。

Continue Reading →

白山に行こう

三輪敏広・三輪和恵/春風社/2008年 白山に行けば、花々と、人と出会える。初心者からベテラン向けまで多くの登山道を備え、四季折々歩くたびに新たな表情を見せる魅惑の山。A5判並製。

Continue Reading →

ねがいごと 

マリー・ンディアイ( 笠間直穂子訳)/駿河台出版社/2008年 クリスマスの夜、子どものいない夫婦のもとに、ひとりの少女が現れる…。現代フランスを代表する女性作家が描くやさしくもせつない親子の物語。

Continue Reading →

言いさし発話の解釈理論

荻原稚佳子/春風社/2008年 グライスなどの先行研究を批判的に継承しつつ、文末を省略した表現である「言いさし発話」を分析することで、人間が普遍的にもつ「会話目的達成スキーマ」を探究。A5判上製。

Continue Reading →

僕の解放前後 1940‐1949

柳宗鎬(白燦訳)(太田孝子日本語校閲)/春風社/2008年 想像力だけでは捉えきれない体験者のみが語れる物語。韓国現代文学の旗手、初の翻訳。少年の眼に映じた圧巻の現代史!四六判上製。

Continue Reading →

金色の瞑想

小谷野裕子/春風社/2008年 杉原千畝、日本国憲法で女性の権利を草案したゴードン女史、反日感情をもつ女性ヘレン・コラインとの交流を通して、日本を再発見する。四六判並製。

Continue Reading →

見捨てられる不安

川幡政道/春風社/2008年 家庭内離婚、DV、自閉症、拒食症、心身症、うつ病、さまざまな病理にむしばまれ、崩壊する現代の家族。肥大化した「個人」や「権利」によって変容する家族と社会の姿を見つめる。四六判上製。

Continue Reading →

日中教育学対話Ⅰ

労凱声・山﨑髙哉(共編)/春風社/2008年 教育思想、教育と公共性、教育のメタ理論、子ども観、学校制度、教師教育に関する日中教育学界の錚々たるメンバーによるスリリングな対話。四六判上製。

Continue Reading →

生命の経済学

富森虔児/春風社/2008年 経済とは人間の「いのちの営み」である。生命論的自己組織化、創発、進化…。生物学にインパクトを受けた概念を駆使し、既存経済学を見直す。四六判上製。

Continue Reading →

わしといたずらキルディーン

マリー女王(長井那智子訳)/春風社/2008年 キルディーンはお姫さま。おてんばが過ぎて、国のはずれの塔に閉じ込められてしまいました。そこで姫をしつけるのは、怖くて大きなわし。童話「わし姫物語」の新訳復刻。A5判上製。

Continue Reading →

ロール・プレイング

川幡政道/春風社/2008年 即興劇を通して自己の役割を創造し、日常生活に埋没した自発性の発見と訓練をうながすロール・プレイング。心理治療を超えた〈人間探求〉の方法をさぐる。四六判上製。

Continue Reading →

ディケンズ、フォースター、オースティン

 藤田永祐/春風社/2008年 名作『デイヴィッド・コパフィールド』『インドへの道』『高慢と偏見』…。ドストエフスキーや漱石にも論及しながら、古典性と現代性をあわせもつイギリス小説を味読する。四六判上製。

Continue Reading →

学校身体と管理技術

中井孝章/春風社/2008年 生徒の自由か、秩序か。学級崩壊、いじめ、児童をねらった犯罪に対処すべく監視体制を整える学校。ポスト「人間教育」の学校論をめざす。四六判上製。

Continue Reading →