Category / Design / Book / 2008 / Design / Book

    Loading posts...
  • 国際社会学の挑戦

    三橋利光/春風社/2008年 オーギュスト・コントの後期思想を現代に蘇らせ、21世紀に生きる個人が自己を充実させながら「望ましい地球社会」を築き上げるための理論を展開。四六判上製。

  • 多民族の国イギリス

    唐澤一友/春風社/2008年 「イギリスの国土を地図で示せますか?」「イギリスは、アングロ・サクソンの国じゃないんです。」親しいようで、意外と知らない英国の歴史。やさしい切り口から、奥深いところへ。四六判並製。

  • 平家物語―装置としての古典

    高木信/春風社/2008年 日本的無常観の源流とされる「祇園精舎」は、権力の讃歌だった。ナショナリズムの高揚するとき、古典は感性と思考を規範化する装置となる。四六判上製。

  • 戦争の読みかた

    加藤朗/春風社/2008年 9.11は何をもたらし、何を告げたのか? ネグリとハート、カルドーらの議論を整理。変貌する紛争の系譜をたどり、衰退する国民国家体制に代わる「人間の安全保障」の可能性をさぐる。四六判上製。

  • 父ボース

    樋口哲子(中島岳志編)/白水社/2008年 インド独立運動の闘士『中村屋のボース』の娘が語る、父の肖像。磊落な家庭人でありながらアジア解放を懸命に模索した、一革命家の生涯とその時代がよみがえる。四六判上製。