Category / Design / Book / 2006 / Design / Book

    Loading posts...
  • 運命論者ジャックとその主人

    ドニディドロ(王寺賢太・田口卓臣訳)/白水社/2006年 破天荒なストーリー展開・脱線につぐ脱線、クンデラやブレッソンを魅了した18世紀の小説が新訳でよみがえる! 酷薄な世界認識を笑いをもって描ききる。四六判上製。

  • 経済をデザインする

    島岡光一/春風社/2006年 人間関係力、童戯、地産地消、アマルティア・セン…。現代の希薄な人間関係に警鐘を鳴らす著者が、南インドで体験したコミュニティの問題解決力に経済=人間力の原点を見る。四六判並製。

  • 山桜花

    廣利千惠子/春風社/2006年 再びの会いは叶わず病窓に広ごる畝傍の山桜花 重度心身障害児の養護教育に携わってきた著者が、病に侵されながら、教育への情熱と生命への畏敬を詠いつづけた遺作歌集。四六判並製。

  • ウォーキング

    ヘンリー・D. ソロー(大西直樹訳)/春風社/2005年 詩人のソローは、歩きながら世界とアメリカの動向、野生と文化との関係、人間と自然とのやりとりなどについて瞑想を深めていた。ソロー文学への最良の手引き。変形判上製。

  • ブナの森へ

    岩田澄江/春風社/2004年 原始の森を逍遥して考える自然と共生、暮らし、宗教、世界平和、差別。「内なるうながし」に突き動かされたキリスト教フェミニストが折々に綴ったエッセイ。四六判フランス装。

  • ちょっと、教養

    小出龍太郎/春風社/2004年 バッハ、ピアフ、ハリウッド映画からゴッホまで。小出楢重のお孫さんである龍太郎先生が、音楽・映画・絵画・文学の傑作を広くやさしく紹介。装画は牛尾篤さんの銅版画。四六判並製。

  • 幻の鳥 ガーニーズ・ピッタ

    長野亮之介・小岩井彰/春風社/2003年 幻の鳥ガーニーズ・ピッタと少年の物語。人間と自然の共生、経済発展がもたらす功罪について深く考える。日本語・タイ語・英語併記。

  • ヨーロッパの教育現場から

    下条 美智彦/春風社/2003年 西欧の義務教育最前線レポート。授業崩壊からの再生(英)、週4日制施行(仏)、教科書を使用しない私立学校(独)など行政の立場から詳述。四六判並製。

  • おばあちゃん、イギリスへおいで

    早坂 慶子/春風社/2002年 86歳、英語はまるでダメ。そんなおばあちゃんの不安をやわらげ、イギリスへ誘う娘からのFAXレター。ごみ出し、買い物、日常の体験を楽しく語る。四六判並製。

  • インドまるごと多聞典

    矢萩多聞/春風社/2002年 そこここのコミュニケーションをおもしろく。映画監督、詩人、ミュージシャン、農夫、教師、作家など“10人の気になる人”たちと、まじめにおかしく語り合う対談集。A5判並製。