2019年3月30日(土)―6月19日(水)

京都dddギャラリー

30th March - 19th June 2019

Kyoto ddd Gallery. Japan

本は縁側みたいだ、と思う。
一冊の本がきっかけで見知らぬ人と出会う。
なにげなくめくった一ページから会話がはじまる。
本のまわりにはいつもにぎわいがあり、ちょこんと腰をおろせる場所がある。

本の居場所は書店だけではない。図書館、子ども文庫、カフェ、雑貨店、古本市、銭湯、病院の待合室……あたりを見回せば、いろんな場所に本があるものだ。
紙の本は万能ではない。読まずに積み上げられる本もあれば、たった一節の文章に救われることもある。自分にとって一生の宝物となる本も、他人にとってはただの紙の束にすぎないかもしれない。
本はそれを読み、活かしてくれる読者がいてこそ完成する。それがいい。

装丁とは、読者の目をひくためだけのものでも、ありがたい芸術作品でもない。
どんなに難しい学術書であっても、紙やインキが、いくばくかの居心地よさをもたらしてくれる。どんなにささいな本であっても、暗い時代の灯火になって、血の通う人間のあたたかさを照らしてくれる。どうかそういうものであってほしい、と祈るようにして、ぼくは本をつくってきた。
(本展イントロダクションより)

画家・装丁家の矢萩多聞が、これまでデザインした書籍約五〇〇冊を一同に集めた、はじめての装丁展。

また、インドの出版社Tarabooks、子どもたちとの本づくりワークショップ、ちいさくつくり・届けるリトルプレス、国内外の紙づくりの現場をめぐる旅……ときには脱線もいとわず、自身がかかわってきた大小のプロジェクトを紹介する。

本づくりの愉しみはもちろん、本の周辺にひそむ豊かな可能性にふれる展覧会です。

The book is a kind of “Engawa”, the veranda at  traditional folk house in Japan. A book brings you to meet a new friend. A page flipped  gives us the topic to start the conversation. Around the place where the books are there are full with people, we can easily find the place to sit or meet new world.

Book design is neither for catching readers’ eyes nor for noble artworks. Papers and inks may bring people feelings of some comfort even if it is an esoteric tome. A simple book can be a  lamp of hope in darkest moments and make people feel someone’s warmth. I hope the books I have designed would be like one of them.

--------Tamon Yahagi

This is the first book design exhibition by Tamon Yahagi,  painter and book designer, More than 500 books he designed are here.

In addition, you can see his various large and small projects such as Introducing Tara books, the Indian publishing company, Managing workshops with children to make their own books, Publishing Little presses here and there, Travelling the paper making factory both at home and abroad, etc. Although it seems  digression, there is no limit to his ideas and interests.

This exhibition brings you to feel not only the fun of making books but also the possibility of  the books which opens a lot of doors to the world.

 

 

Profile

作家プロフィール

矢萩多聞 やはぎ・たもん

画家・装丁家。Ambooks代表。
1980年横浜生まれ。9歳のとき、はじめてネパールを訪れてから、毎年インド・ネパールを旅する。中学1年生で学校を辞め、ペンによる細密画を描きはじめる。1995年から、南インドと日本を半年ごとに往復し暮らし、銀座、横浜などで個展を開催する。
2002年、対談本『インド・まるごと多聞典』(春風社)を刊行。この頃から本をデザインする仕事をはじめ、これまでに500冊を超える本をてがける。2012年、事務所兼自宅を京都に移転。2016年、デザイン事務所の屋号をAm CreationからAmbooksに変更し、リトルプレスの出版を開始。現在、インド、横浜、京都を行き来し、本とその周辺を愉快にするために日々手を動かしている。
著書に『インド・まるごと多聞典』(春風社)、『偶然の装丁家』(晶文社)、『たもんのインドだもん』(ミシマ社)、共著に『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)、『本を贈る』(三輪舎)などがある。

Tamon Yahagi

a painter/book designer, was born in 1980 in Yokohama, Japan. After first visit to Nepal in 1990, started to travel in India and Nepal many times.

Left school at first grade of junior high school and started to draw miniature paintings with pen. While teenage lived in both South India and Japan, and held exhibitions at Ginza and Yokohama every year.

After 2002 started to work as a book designer and designed more than 500 titles till now.

Since 2012 settling down in Kyoto and try to fascinate people with books by taking workshops, producing book, and writing.

Event

「本の縁側」関連イベント

2019/03/30/15:30-

「本づくりの縁側で」寄藤文平×矢萩多聞
opening talk. Bunpei Yorifuji + Tamon Yahagi


 

2019/06/01-02

2019/04/06/16:00-

矢萩多聞によるギャラリーツアー
gallary tour with designer


 

2019/06/16/10:00-

2019/05/11/10:30-

2019/06/16/10:00-

Venue

会場

主催:公益財団法人DNP文化振興財団
協力:株式会社竹尾

京都 dddギャラリー

〒616-8533 京都市右京区太秦上刑部町10
TEL 075-871-1480  FAX 075-871-1267

開館時間 / 11:00-19:00
※土曜、6月9日(日)は18:00まで
休館日 / 日曜・祝日
※6月9日(日)は特別開館
入場無料

●地下鉄東西線「太秦天神川駅」1番出口徒歩3分
●嵐電嵐山本線「嵐電天神川駅」徒歩5分
●市バス・京都バス「太秦天神川駅前」下車
駐車場無

 

Kyoto ddd gallery

10 Uzumasakamikeibu-cho, Ukyo-ku, Kyoto.
TEL 075-871-1480  FAX 075-871-1267

timing / 11:00 - 19:00 (only saturday and 9th June, open till 6pm)
closed day / sunday, holiday (9th June is special open day)   *entry free

Access / 3 min' walk from Subway Tozai line "Uzumasa-Tenjingawa" sta. 5 min' walk from Randen Arashiyama Main Line "Randen-Tenjingawa" sta. nearest bus stand "Uzumasa tenjingawa Ekimae"(City-bus, Kyoto-bus). no parking area.

 

Contact

お問い合わせ