• 矢萩多聞 Tamon Yahagi

    photo by Akihito Yoshida

    画家・装丁家。Ambooks代表。

    1980年横浜生まれ。9歳のとき、はじめてネパールを訪れてから、毎年インド・ネパールを旅する。中学1年生で学校を辞め、ペンによる細密画を描きはじめる。1995年から、南インドと日本を半年ごとに往復し暮らし、銀座、横浜などで個展を開催する。
    2002年、対談本『インド・まるごと多聞典』(春風社)を刊行。この頃から本をデザインする仕事をはじめ、これまでに400冊を超える本をてがける。2012年、事務所兼自宅を京都に移転。2016年、デザイン事務所の屋号をAm CreationからAmbooksに変更し、リトルプレスの出版を開始。現在、インド、横浜、京都を行き来し、本とその周辺を愉快にするために日々手を動かしている。

    著書に『インド・まるごと多聞典』(春風社/絶版)、『偶然の装丁家』(晶文社)、『たもんのインドだもん』(ミシマ社)、共著に『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)、『本を贈る』(三輪舎)がある。

    Tamon Yahagi, a painter/book designer, was born in 1980 in Yokohama, Japan. After first visit to Nepal in 1990, started to travel in India and Nepal many times. Left school at first grade of junior high school and started to draw miniature paintings with pen. While teenage lived in both South India and Japan, and held exhibitions at Ginza and Yokohama every year. After 2002 started to work as a book designer and designed more than 500 titles till now.
    Since 2012 settling down in Kyoto and try to fascinate people with books by taking workshops, producing book, and writing.

  • Book Design

    フリーランスで2001年から現在までに450冊を越える本の装丁を担当。

    これまでのクライアントは春風社、白水社、講談社、新潮社、朝日新聞出版、毎日新聞社、北海道新聞社、NHK出版社、音楽之友社、早川書房、ポプラ社、駿河台出版社、集英社、小学館、風媒社、昭和堂、亜紀書房、河出書房新社、平凡社、晶文社、筑摩書房、ミシマ社、玄光社、三輪舎、フィルムアート社、イースト・プレス、中央公論など。(順不同)

    近刊の装丁作品は、Twitterなどをご覧下さい。

  • Art Work

    2010年10月 矢萩多聞展2010「Mangala」千駄木・谷根千記憶の蔵/2008年10月 矢萩多聞展2008「PARWAGILLA」札幌・琴似/2006年5月 矢萩多聞展2006「ごちそうのありか」京都・法然院/2004年7月 矢萩多聞展2004 横浜・大倉山記念館ギャラリー/2003年5月 矢萩多聞展2003 銀座・兜屋画廊/2002年10月 SPICE up with TAMON 表参道・スパイラル/2002年6月 矢萩多聞展2002 銀座・兜屋画廊/2001年7月 矢萩多聞展2001 銀座・兜屋画廊/2000年6月 矢萩多聞展2000 銀座・すどう美術館/1999年6月 矢萩多聞展1999 銀座・空想ガレリア/1998年9月 多聞展 Puupu -はな- 横浜・STスポット/1996年11月 多聞展 アロハロハラ・アロハラ 横浜・STスポット/1995年5月 多聞展 Prema Shanthi Ananda 横浜・STスポット/1995年2月 「猫展(グループ展)」に数点出品。横浜・ギャラリーパリス、彩美ギャラリー、八王子・猫町ギャラリー

    Art Exhibition 2010, Sendagi, Tokyo / 2008. Sapporo. Hokkaido / 2006. Honen-in. Kyoto. / 2004. Okuraya Kinen Gallery. Yokohama. / 2003. Kabutoya Gallery. Ginza. / 2002. Spiral. Aoyama. / 2001. Kabutoya Gallery. Ginza. / 2000. Sudou Museum. Ginza. / 1999. Kuso galleria. Ginza. / 1998, 1996, 1995. ST Spot. Yokohama. / 1995. Gallery Paris, Saibi Gallery,Nekomachi Gallery, Yokohama.

 著 書 

偶然の装丁家

いつのまにか装丁家になっていた――。中島岳志や森まゆみの著作をはじめ、数多くの「本の貌」を手がける矢萩多聞。学校や先生になじめず中学1年で不登校、14歳からインドで暮らし、専門的なデザインの勉強もしていない。ただ絵を描くことが好きだった少年はどのように本づくりの道にたどり着いたのか? 居心地のよい「生き方」「働き方」を模索した一冊。 (晶文社/2014年)

たもんのインドだもん

14歳のころから、一年のうちの半分以上をインドで暮らしていた著者にしか知りえないインド。「この本にはインドの遺跡や観光名所はひとつもでてきません。そのかわり、ぼくがインドで暮らすなかで出会った人やできごと、忘れられないインドのかけらがぎゅっとつまっています。遠い日本に暮らしていても、彼らはすっとやってきて隣に座り、ぽんと肩を叩いてくれる気がします。」(ミシマ社/2016年)

インド・まるごと多聞典

矢萩多聞が10人の”気になる人”を選び対談。インドの生活の魅力から、日本の生活の素朴な疑問まで、インドに惹かれた人びとが思いのたけを語る。ペンによる細密画も多数掲載しており、画集としても楽しめる。「字を読んでいるんだけど、顔が見える、声が聞こえる、体温を感じる、自分もその場にいるみたい。こんな生き生きした言葉、久しぶりだ。」詩人・谷川俊太郎(春風社/2001年・絶版)

 共 著 

本を贈る

本は工業的に生産され、消費されている。本は確かに商品だが、宛先のある「贈りもの」でもある。「贈る」ように本をつくり、本を届ける10人それぞれの手による珠玉の小論集。(三輪舎/2018年)

タラブックス

南インドの出版社タラブックス。手漉きの紙にシルクスクリーン印刷、製本も人の手によって行われている。彼らはいかにして美しい本を作り、世に知られることとなったのか? これからの生き方、働き方に対するヒントが詰まった一冊。(玄光社/2017年)

十歳まで読んだ本

子どもの頃、どんな本を読みましたか? 心を揺さぶられた物語、勇気をもらった言葉、憧れの主人公――70名が大切な一冊について綴るエッセイ集。あの頃のドキドキやワクワクがよみがえり、大人になった心に響く一冊。(ポプラ社/2017年)

精神とは、「わたし」や「わたしのなか」という
閉ざされたところにひそんでいるものではない
あなたとわたしの間で、ふいにはじける火花
それが精神であり、いのちそのもの

デザインもまた、「わたし」のなかにあるものではない
これが「わたしのデザイン」というものも存在しない
あなたとわたしの間に、開かれる本があり
そこに体温があり、いのちが隠されている

矢萩多聞

Contact Us

Ambooksと矢萩多聞への連絡・依頼・取材・質問などは、右のコンタクトフォームからお問い合わせください。おってこちらから返信いたします。

Please contact us if you’d like to tell us your message and suggestions.

Name

E-Mail

Subject

Message