Tamon Yahagi
a painter, book designer, publisher.

I was born in 1980 in Yokohama, Japan. After first visit to Nepal in 1990, started to travel in India and Nepal many times. Left school at first grade of junior high school and started to draw miniature paintings with pen. While teenage lived in both South India and Japan, and held exhibitions at Ginza and Yokohama every year. After 2002 started to work as a book designer and designed more than 500 titles till now.
Since 2012 settling down in Kyoto and try to fascinate people with books by taking workshops, producing book, and writing.

矢萩多聞 やはぎ・たもん

画家・装丁家。Ambooks代表。
1980年横浜生まれ。9歳のとき、はじめてネパールを訪れてから、毎年インド・ネパールを旅する。中学1年生で学校を辞め、ペンによる細密画を描きはじめる。1995年から、南インドと日本を半年ごとに往復し暮らし、銀座、横浜などで個展を開催。
2002年、対談本『インド・まるごと多聞典』(春風社)を刊行。この頃から本をデザインする仕事をはじめ、これまでに500冊を超える本をてがける。2012年、京都に移住。2016年、デザイン事務所の屋号をAmbooksとし、リトルプレスの出版を開始。現在、インド、京都を行き来し、本づくりと画業、ワークショップなど多岐に渡って活動中。
著書に『偶然の装丁家』(晶文社)、『たもんのインドだもん』(ミシマ社)、『インドしぐさ事典』(Ambooks)、『本の縁側』(春風社)、共著に『タラブックス』(玄光社)、『本を贈る』(三輪舎)などがある。