IMG_20150509_002405~2

ちとらや

あせらず、ゆっくり、できることから――。
子どもと絵を楽しむワークショップ「ちとらや」をはじめます。京都のみなさんよろしくお願いします。

イベントのページをつくってみました

自著『偶然の装丁家』が発売されてから、毎週なにかイベントをやっている、かかわっている感じがするので、自分のメモのためにも、イベントのページを作ってみました。どのイベントもその日かぎりの面白いものになることうけあい! お近くの人はぜひどうぞ~。

矢萩多聞関連イベント

BOOK-SS

『偶然の装丁家』を出版しました

12年ぶりに自著をかきました。

矢萩多聞『偶然の装丁家』
就職しないで生きるには21シリーズ
晶文社/2014年5月2日発売

Continue Reading →

ただいま

ずっと留守していてゴメンナサイ。実は1年ぶりくらいの更新です。完全復活はほど遠いけど、ぼちぼちやっていきます。装丁本の紹介ページは2010年までしかアップできてません。(しかも、写真がボツボツ歯抜け状態) 順次アップし直しますが、なかなか追いつきません。最新の装丁本情報はTwitterなどを参照してください。

P1050746

本のふるさと

製本屋さんに見学に行った。

Continue Reading →

P1050427

蔦と太陽とカレーリーフ

南と西側にどどーんと縁側のある我が家。
日当たり良好。夏場の気温はなかなかのもの。
去年は縁側に葦簀を立てて日を防ぎ、
冷房もそんなにいらなかったけれど、さすがに今年は暑い。
日差しがギラギラなので、葦簀を二重にして、なんとかしのごうかと思っている。 Continue Reading →

P1050126

ヤモリ日記

暖かくなって、湿度が出て、ヤモリの動きが活発になり、うれしい。 Continue Reading →

199612-02

インドの影 (8) 木陰

ずいぶん前の写真だ。1996年くらい。
アーンドラ・プラデーシュ州のプッタパルティという小さな町に暮らしていたとき。家から歩いて30分くらいのところにあるタマリンドの林へ散歩するのが日課だった。 Continue Reading →

DSC02671

インドの影 (7) 小屋

バンガロールの友だちの友だちに誘われて行った郊外の村グルスクール。 Continue Reading →

DSC02052

インドの影 (6) 三角

カルナータカ州、遺跡の町ハンピにて。 Continue Reading →

DSCF0693

インドの影 (5) 階段

カルナータカ州西海岸のちいさな村カンバダコーネ。
ぼくがインドで一番美しいと思う漁村だ。
2006年にとあるNGOとのからみで訪れた。
村の学校の創立者で、村の大地主のお宅に一週間お世話になった。 Continue Reading →